×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ゴルフ初心者の共通点

ゴルフ初心者の共通点として、振り遅れや、スライス、飛距離不足、引っ掛け、ヘッドスピード(拙速という言葉に代表されるように、速いだけではダメなんですよね)が上がらないどと、色々な問題を抱えていることご多いのですよ。そして、そのその理由のほとんどがグリップやアドレス、ボールを置く位置にあるのですが、それ以外にゴルフスイングの軌道が大きく関与しています。

自分の足の高さにあるボールを打つわけなのですから、上から叩いてしまう癖がつきやすいのもゴルフスイングの特徴と言えるのですよ。そして、ゴルフの練習方法なのですが、ボールを置く位置は、アドレスでボールを置く位置によって、打つ球の種類がある程度決まってしまうのです。スライス・フェードを打ちやすくしたり、フック・ドローを打ってやすくすることもできますよ。

ボールを左(左足寄り)に置けばスライス・フェードしやすくなり、右(右足)の方に置けばフックやドローを打ちやすくなるのです。では、ゴルフボールをどこに置くのが正しいと思いますか?また、何を基準にすればいいのでしょうか・・?

それは、基本は9番アイアンでスタンスの真ん中を考えて下さい。そこから長い番手になればなるほど左寄りにするためす。ボールを動かすというよりは、スタンスの幅が広くなるために、左寄りになる感覚なのです。ちなみにドライバーは、左足の踵あたりが目安といわれているようですよ。ゴルフは、静止しているボールをクラブを使って打って、合計打数の一番少ない者が勝利者となるスポーツと思っています。

ゴルフは、一見静止したボールを打つので簡単そうに思えるんですねが、実はこれが以外に難しいものなんですよ。他人と打ち合ったりするのではなく、最初から最後まで自分の力で競技を終了させますので、メンタル的な要素がかなり影響されるスポーツだと言えるのですよ。ゴルフとは一言で説明すると、一度ゴルフに熱中してしまうと二度と抜け出せなくなるマジックをもったスポーツであるということなのです。また、いまこの瞬間にも新たなゴルフファンが登場しているのですよ。ゴルフはなんでここまで人々を魅了し続けることによっているのでしょうか。