×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ゴルフの起源

ゴルフの起源には、さまざまな説がありますねよ。そして、有名なのが、スコットランドの牧童が棒切れで小石を打ち野ウサギの穴へ入れて遊んだのがゴルフのはじまりという説なのだそうです。ですが、これも一説に過ぎないのです。オランダ、ドイツなどのヨーロッパから中国、日本などのアジアにもゴルフの原形と呼ねれているような話があるようで、定説がはっきりとしていないのです・・。それに加えてさらにゴルフには起源の定説などがないのです。つまり、ゴルフはいつどこで発祥したのかということが今でも確定していないのです。

シンプルなスポーツであるだけに、原型と思われるものが世界中に散見されています。それがゴルフである事は仮定されますが、完全には認められていない、それがゴルフの摩訶不思議なところなんだと思うのです。これのみを取ってみても、ゴルフは非常に深いスポーツですよね。そして、実は今から500年以上前に、ゴルフ禁止令というものが出された時代(地デジ化によってアナログテレビの歴史に幕が下りましたが、今でも一部地域では見られるそうです)があったのですよ。

15世紀のスコットランドの王だったジェームズ2世は、戦争のさなかにこれを発令したと呼ねれているのです。とはいっても、思うのですが、なんでそこまでゴルフを取り締まる必要があったのでしょうか?実は、それがポイントになりますね。理由は軍事トレーニングが疎かになってしまったこと、そして武器製造までにも影響したからなのだそうなのです。つまり当時のスコットランドの兵があまりにもゴルフに熱中しすぎたために、戦争に負けてしまいそうになってしまったとの事なのです・・。

これが苦策であることは十分仮定されます。とはいえ、ゴルフはそのように国の根幹を危うくするくらい魅力的なスポーツだったのですよ。そして、ここから分かるのは、ゴルフとは非常に人々を惹きつけるスポーツといったことなのです。プレーする人々を虜にするスポーツ、それがゴルフなのです。