×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

OBを出さない為のゴルフクラブの選び方

ゴルフをやっていらっしゃる方でしたら、OBを出したらペナルティが科せられスコアが悪くなるので、出来れば出したくないと思っている事でしょう。それでは、OBが一番出る確率(高いからといって必ずしもそれが起こるとは限りません)が高いのはどういった時ですか?

やはり、ミドルホールやロングホールのティーショットをドライバーで打つ際なのではないでしょうか。けれど、ティショットを必ずドライバーで打たなくてはいけないキマリなんて、どこにもありません。ティーショットのOBで悩む方は、ここはひとつドライバーを手放してみるのもひとつの手です。気分を変えて、フェアウェイウッドやアイアン等で試してみると、OBを出す確率はかなり低くなります。

これは理屈の話で、やはりゴルフの醍醐味はドライバーであり、飛距離を伸ばす事が楽しいですし、OBを恐れてドライバーを打たないのも寂しい感じがしますよね。そこで提案なのですが、現在使っているドライバーが本当にあなたに合っているクラブなのかを、再度チェックしてみましょう。

クラブのメーカーが異なれば、フィーリングも全く異なるのではないでしょうか。特にドライバーについてはその要素が強いようで、いろいろな種類のドライバーで実際にボールを打ってみれば、この違いが理解出来ると思います。また、同一メーカーのドライバーであっても、打ったボールが大きく変化する場合もあるのです。クラブを購入する際には、広い練習場が併設されているようなショップで選ぶ事をおすすめします。


人気のゴルフ場

ゴルフ場には、開発費用を一般から集めるためにゴルフ会員権と言う制度があるのです。また、会員になると、メンバー料金や土日の特別枠など、競技会などさまざまな特典が受けられるようになっているのですよ。ゴルフ会員権は安いところは数十万〜高いほうは数千万で取引されていて、投資対象や資産運営としてバブル時期にはかなりの注目をされて取引も盛んに行われていたのです。そして、立地条件がよくて、会員数が少なめで予約が取りやすく、コースもいいなどの条件を備えた人気ゴルフ場の会員権は、やはり高額となってしまうようですよね。値段が手ごろな会員権のゴルフ場は、それなりといわれていますので、自分の資金に合わせて、人気のあるゴルフ場を参考にして、自分に合うゴルフ場を選ぶようにしてくださいね。

また、交通アクセスは、混雑しない時間帯に移動したり抜け道なんかの、経路を工夫したりと、県によって会員権が安くても広くてよいコースがあったりするになりますね。そして、人気のあるゴルフ場会員権は、会員権の価格や年会費の高さや、首都圏からのアクセスのよさなどと言った立地条件や、コースの戦略性やメンテナンスの良さなど、経営の母体となる企業(出資しているのがどこか、誰が経営しているのかによって、色々な種類に区分されています)企業(資本金が10億円以上だと大、1億円以上10億円未満で中堅、1千万円以上1億円未満で中小、1千万円未満で零細と分類されることもあります)の健全さなどが評価された結果で決まっていると言われているんですね。

ゴルフ場の人気を総合評価してみると、様々な要因のなかにも、やはり魅力的なコースで、自然環境もいいところがなんといっても上位にランキングされているのです・・。ゴルフの本当の面白さは何といっても戦略的なコースレイアウトや、ゆったりとした広さなど、ボール(野球やテニス、ゴルフ、卓球など、スポーツによっては、個人練習の時でもたくさんの?があった方がいいこともあります)を打った瞬間に映える山や海などの美しい景色ではないのでしょうか・・。

コースが短くて、起伏のある地形だと、練習にはいいのですが、ちょっとつまらないといった評価になるようではないかと思います。また、条件(他人に要求する時は多く、自分に要求される時には少なくと考える人が少なくないでしょう)を広げれば、予約が取りやすくて会員サービスが充実している、お手ごろなゴルフ会員権を発掘できるかもしれませんよ・・。クラブを買うたびにお店を替える上級者もいるのですが、自分の行きつけのショップを決めた方が良いのでしょうよ。いきつけのお店で、店員さんとなかよくなった方が的確なアドバイスがもらえたりもするし、バーゲン情報や新製品情報もいち早く入手できたりのお得もあったりすると言われているものです。